教育費貧乏で泣きそうなアナタへ。借金地獄にハマる前に見直し隊
メニュー
教育費はいくらかかる
教育費をかけすぎている
教育費が足りない
習い事
教育費を見直し
免税方法
教育費は贈与税がかからない?

教育費がいくらかかるのかは親の最大の関心事です

子供の教育費がいくらかかるのかは子供を持つ親にとっては一番と言っていい位の関心事ではないでしょうか。「いくらかかるかわからない」ということでは、マイホームを諦め賃貸にするのか、共働きにする必要があるのかといった大きな判断が必要となる場面で迷いが出てくるでしょう。教育費については文部科学省が「子供の学習費調査」という統計を定期的にしていますので、そちらの数値を使って計算してみました。子供が公立に行った場合と私立にいった場合とでいくらかかるのかは大きく異なりますが代表的なパターンを示すと、幼稚園から大学まで全て公立で大学も自宅通いであった場合はおよそ1000万円になります。次に、幼稚園から高校までは公立で大学は親元を離れて私立大学に通った場合だと、文系でおよそ1700万円、理系で1800万円が必要となります。最後に、幼稚園から大学まで全て私立、それも大学は親元を離れた場所に通った場合だと、文系で2900万円、理系で3000万円必要となります。結論としては教育費は1人当たり最低1000万円、最大だと3000万円が必要となるということになります。



更新情報


TOP PAGE

© 2015 All right reserved :教育費貧乏で泣きそうなアナタへ。借金地獄にハマる前に見直し隊