教育費貧乏で泣きそうなアナタへ。借金地獄にハマる前に見直し隊
メニュー
教育費はいくらかかる
教育費をかけすぎている
教育費が足りない
習い事
教育費を見直し
免税方法
教育費は贈与税がかからない?

祖父母からの教育費の贈与税非課税制度の利用について

少子化社会の中で、祖父母が孫にそそぐ愛情は大きな力になっています。一方、子育て世代の消費は教育費や生活費の負担が重くのしかかっています。 高齢化社会の中で、高齢者が持つ金融資産を社会に流通させるため、教育資金にかかる贈与税の非課税限度額が創設されています。 通常、年間110万円を超える現金などの財産を贈与すると、贈与税がかかりますが、資金の使途を教育費に限定して、1500万円まで非課税で贈与することができることになりました。 平成27年1月より、相続税が改正されて負担が重くなったことからも、両親や祖父母からの生前贈与が重要になっており、1500万円を贈与税がかからずに移転できる仕組みは大きな優遇です。 資金の使途を教育費に限定するため、資金は信託銀行で専用の口座を開設する必要があり、学費など、教育費と証明できる支出をそこからすることができます。 信託銀行に専用の口座を開設して、手続きをしないと適用されないので注意しましょう。



更新情報


TOP PAGE

© 2015 All right reserved :教育費貧乏で泣きそうなアナタへ。借金地獄にハマる前に見直し隊